女性特有の膀胱瘤 性交しても大丈夫?

膀胱瘤 性交 骨盤臓器脱

女性特有の膀胱瘤 性交しても大丈夫?

膀胱脱

膀胱瘤と診断されたあと、「性交しても大丈夫?」というご不安をお持ちではないでしょうか?

病院の先生に聞くと返答は、まちまちのようです。

「痛みが出なければ、性交しても大丈夫と思いますよ。もちろん自己責任の上ですけれども」

「今は、控えた方がよいでしょう」

女性側が、「怖くてできない」というお声もお聞きします。

パートナーに言えない?パートナーも気づかない?

たとえば、旦那さまがパートナーだった場合、旦那さまに恥ずかしくて言えない

また、旦那さまが気づかないというケースも聞いたことがあります。

膀胱瘤 どんな症状?

膀胱瘤 赤木先生

骨盤臓器脱の症状の一つである膀胱瘤。

「膀胱の一部」「膣」からでてきている症状です。

大きさは、人それぞれで、膀胱瘤のステージによってかなりの個人差があります。

膀胱瘤で性交で考えられる3つのリスク

膀胱瘤がある状態で、性交すると考えられるリスクは大きく分けると3つ考えられます。

もちろん膀胱瘤のステージ(大きさ)によってリスクの度合いは変わってきます。

出血

元々出血があったり、激しい性交だった場合に、膀胱瘤周辺の組織に傷が付いてしまって出血してしまう可能性が考えられます。

膀胱瘤が大きくなる

性交することによって、腹圧が高まってしまうと、膀胱瘤が余計に外に出ようとする働きが強くなるため、大きくなってしまう可能性が考えられます。

感染症

傷口があった場合そこから感染症に感染してしまう可能性が考えられます。

膀胱瘤は、病院の何科で受診したらいい?

膀胱瘤の場合は、病院の何科で受診したらいいのでしょうか?

基本的には、「泌尿器科」のある病院での受診となります。

骨盤臓器脱の一つである膀胱瘤の場合は、「ウロギネコロ科」「骨盤臓器脱専門の科」があるとより専門の先生が診察してくださると思います。「ウロギネコロ科」の「ウロ」とは「泌尿器科」「ギネ」とは「婦人科」「コロ」とは「直腸肛門外科」です。

膀胱瘤での性交 まとめ

膀胱瘤のステージにもよりますが、膀胱瘤の部分に刺激がいかないように、また腹圧が高くなって膀胱瘤がひどくならない範囲で、性交を行える状態でないと、リスクが考えられます。

 

いずれにしても激しい性交は避けるべきであることは、はっきりしているかと思います。

 

個人差もあり、何の原因で膀胱瘤になっているかにもよりますので、安全な性交のためにも、泌尿器科もしくは婦人科で、検査の上、恥ずかしい内容とは思いますが、専門の先生に相談されることをおすすめいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました