24時間無料メール相談

「骨盤臓器脱(子宮脱,膀胱瘤,直腸瘤) 子宮下垂 膀胱下垂」のお悩み 無料 電話相談

日本骨盤臓器脱研究所では、「骨盤臓器脱」 「子宮下垂」 「膀胱下垂」でお悩みのあなた様に、無料 メール相談&電話相談窓口を現在開設しております。

あまりにも日々多くのお問い合わせを頂戴しますので、専用窓口開設いたしました。

「骨盤臓器脱(子宮脱,膀胱瘤,直腸瘤) 子宮下垂 膀胱下垂」無料メール&電話相談窓口の特徴

・「病院の相談窓口に電話するのが恥ずかしい。」

・「病院に相談したけれど、骨盤底筋体操(ケーゲル体操尿漏れ体操)しか勧められなかった。」

・「相談できる時間が短いので,じっくり話を聞いてもらえなかった。」

・「手術のみ強く勧められた。」

・「手術したけど改善しなかった。」

など、骨盤臓器脱専門の病院の相談窓口に電話したものの、お悩みが「改善できなかった」や、「手術以外の方法」で、「なんとか手術せずに良くなる方法がないか?」検討されている方にとっては、希望の光になるのではないかと思います。

日本骨盤臓器脱研究所では、手術せずに緩和、良くなる方法について模索し続けております。

ご相談いただいている方の2つの共通項

日々、ご相談をお受けする中で、みなさん2つの共通項を感じております。

その1つ目は、「お悩みがとても深い」ということ。

2つ目は、「恥ずかしくて家族にもいえないし、病院で相談することも恥ずかしくてできなかった」ということ。

私たちは日々「骨盤臓器脱」「子宮下垂」「膀胱下垂」の方と会って接したり、話したりしているため、日本全国にたくさんお悩みの方がいらっしゃることをありありと感じています。

ですので、みなさん本当に多くの方がお悩みであることを当たり前のように感じているわけですが、骨盤臓器脱 子宮下垂 膀胱下垂になっていらっしゃる当の本人様は、こんな恥ずかしい症状になるのは、本当に少人数自分だけかもしれないと感じていらっしゃることが多いのですね。

下半身のことについて、はずかしくてとても家族にはいえないし、家族に話したら、「お母さんがだらしないからだ」と言われたり、精神的にもおつらい想いをされていらっしゃる方も多いです。

思い切って意を決して、一度相談いただいた方は、本当に相談してよかったと心からお喜びいただいております(^^)

あなた様の心の重荷を少しでも降ろして、実際に骨盤臓器脱 子宮下垂 膀胱下垂の症状が手術しなくても快方へと向かい、良くなった方がたくさんいるということの事実を知るだけでも、とても勇気希望がわいてくることと思います。

あなた様の症状の詳細をお聞きするだけで、その情報が他の方のお役に立つことがたくさんありますのでどうぞお気軽にご相談くださいね。

ご相談の中で、気づいたこと2つ

日々のご相談の中で、気づいたことが2つあります。

1つ目は、骨盤臓器脱 子宮下垂 膀胱下垂の方は、「体温が低い方が(35度台~36度ちょっと)が多い」ということ。

2つ目は、ヨガや体操など、その中でも「腹圧が高くなる体操が含まれていることが多い」ということです。

女性のベテラン相談員が対応

女性のみですので、恥ずかしいと感じることでも、どんなことでも安心してお話いただけます。

日々たくさんのお話をきいておりますので、あなた様の症状がたとえ重い内容であっても相談員は慣れていますので大丈夫ですよ。

現在、日々たくさんのご相談をいただいていることと、お一人様お一人様じっくりとお話を伺って、時間をたっぷり使わせていただいているため、相談中のため、電話がつながりにくいこともございますので、その場合は以下のメールフォームに簡単にご相談内容メールアドレスをお書きいただけましたら、ご返信が遅くなりましても、必ずご連絡いたします。

「こんなことも聞いていいんですか?」

「もちろん!どんなささいなことでも大丈夫です!」

お気軽にご連絡お待ちしております。
岩崎あみ
日本骨盤臓器脱研究所 岩崎あみ(女性)

無料ご相談窓口(岩崎あみ 女性):090-6565-4900 (受付:平日14時~18時)

タイトルとURLをコピーしました