尿漏れ手術【3種類】その他治療法【まとめ】

尿漏れ手術【3種類】

昔からあるTVT手術(Tension free Vaginal Tape)

腹圧性尿失禁に対する外科的手術です。

「中部尿道」を後面より、約1cm幅のメッシュで支える方法。

 

TVT手術では、メッシュは、膀胱脇~下腹部を通過するよう留置します。

TVTとは無張力膣壁を支持するテープの意味で、「中部尿道」膣壁側より支持することにより、腹圧上昇時の尿失禁を防ぐものです。

 

特徴として、短時間(約1時間)の手術が可能で、約1cmの傷腹部に2ヶ所膣1ヶ所だけで、局所麻酔と鎮痛剤での実施が可能です。体への負担が少ないのが特徴です。

 

また過度の矯正を防止できる為に、術後に排尿障害の発生が少なく、術後短期間での退院が可能です。

少し新しいTOT手術 (Trans-Obturator Tape)

腹圧性尿失禁に対する外科的手術です。

 

「尿道直下の膣前壁」と、「両側大腿の付け根の内側」に小さい切開をおき、その間に尿道を支持するためのメッシュのテープを挿入する手術です。

 

このテープが途中で、閉鎖孔 (Obturator foramen) を経由するため Trans-obturator tape と名付けられています。

 

当初、腹圧性尿失禁に対するメッシュを用いたものでは TVT (Tension-free Vaginal Tape) 手術が開発されましたが、この手術では腸管穿刺大血管の損傷など重大な合併症がわずかに起こることが報告されたため、このような重大な合併症を回避するため TOT手術が考案されました。

 

現在では、少なくとも欧米では、このTOT 手術が主流となりつつあります

 

TOT手術では、前述の重大な合併症はまず起こらないと考えられますが、一般的には、5~10%程度の方に術後排尿困難が生じるとされており、一時的な自己導尿などの処置や、テープの調節の再手術が必要となることがあります。

 

また、異物の埋め込み手術になりますので、感染を起こしたような場合にもテープを除去するための再手術が必要になる可能性もあります。TFS

さらに新しいTFS手術(Tissue Fixation System)

現在、腹圧性尿失禁手術としてTVT手術が一般的ですが、テープを留置する際に膀胱誤穿刺や、恥骨の裏を走る血管の損傷、腸管損傷といった重篤な合併症も起こりえます。

 

このような合併症を改善するために、TOT(Transe Obturator tape)手術も行われるようになってきました。TOT手術は尿道の下にテープを通し閉鎖孔という股の付け根にテープを固定します。

 

しかし、「恥骨尿道靱帯」をテープで補強するTVT手術に比べ、「膣ハンモック」補強するTOT手術支えが弱くなるため、重症の腹圧性尿失禁には効果が低くなります。

 

その他、閉鎖神経の近くにテープが通るため、「神経損傷」の危険性もあります。

このため、当科では、TVTの合併症を改善し、治療効果も同等の新しい手術法として、TFS手術を導入しました。

 

その特徴として、TVT手術と同様に、「ぐらぐらになった尿道」をテープで支えますが、腹壁ではなく「恥骨下の尿生殖隔膜」というところに固定します。

 

この術式では、TVTで起こりうる重篤な合併症起こりにくくなっています。

参照:高知大学医学部泌尿器科学講座
www.kochi-ms.ac.jp/
~hs_urol/diagnose_
and_cure/cure/
urinary_incontinence.html
参照:女性医療クリニック・LUNAグループ
http://www.luna-clinic.jp/
column/medical4.html

尿漏れ手術【費用】

昔からあるTVT手術(Tension free Vaginal Tape)

費用は、健康保険を使う場合、3万円~10万円程度。

高額療養費制度の対象にもなるため、条件に当てはまれば治療費をさらに安く抑えることができます

少し新しいTOT手術 (Trans-Obturator Tape)

費用は、健康保険を使う場合、2万円~6万円程度。平均的には、自費の場合は17万円ほど。

高額療養費制度の対象にもなるため、条件に当てはまれば治療費をさらに安く抑えることができます

さらに新しいTFS手術(Tissue Fixation System)

日帰り手術で、自費で約30万円ほど。現在のところ健康保険適応外のため自費治療のみ。

尿漏れ手術【入院期間】

昔からあるTVT手術(Tension free Vaginal Tape)

2〜3日間の入院で行うのが標準的。

少し新しいTOT手術 (Trans-Obturator Tape)

入院期間は、数日程度。手術の進行は、TVTよりもやや単純化されており、日帰り手術を希望される場合、TVT手術よりもTOT手術の方が適します(施設の運営状況によっては、日帰りでTVT手術を行って全く問題ない場合もあります)。

術後、約2カ月は、運動を控える必要があります。

さらに新しいTFS手術(Tissue Fixation System)

日帰り手術」数日ほど。

尿漏れ手術にかかる【時間】

昔からあるTVT手術(Tension free Vaginal Tape)

30分前後。

少し新しいTOT手術 (Trans-Obturator Tape)

30分前後。

さらに新しいTFS手術(Tissue Fixation System)

30分前後。

尿漏れ手術【麻酔の種類】

昔からあるTVT手術(Tension free Vaginal Tape)

通常は、脊椎麻酔(下半身麻酔)。

少し新しいTOT手術 (Trans-Obturator Tape)

通常は、脊椎麻酔(下半身麻酔)。

さらに新しいTFS手術(Tissue Fixation System)

通常は、脊椎麻酔(下半身麻酔)。

尿漏れ手術【メリット デメリット】

昔からあるTVT手術(Tension free Vaginal Tape)

メリット

永久的に固定できる。健康保険対応。

デメリット

軽微な尿失禁には技術的に手術できない。
混合性尿失禁の場合に悪化する。
永久的な感染症が起きるリスクがある。
妊娠希望の人にはできない。
永久固定なので、痛みや感染があっても、摘出手術することができない。
異物挿入なので、多くの国で注意勧告がでている。

少し新しいTOT手術 (Trans-Obturator Tape)

メリット

永久的に固定できる。健康保険対応。

デメリット

軽微な尿失禁には技術的に手術できない。
(TVTよりは、軽微な人に対応)
混合性尿失禁の場合に悪化する。
永久的な感染症が起きるリスクがある。
妊娠希望の人にはできない。
永久固定なので、痛みや感染があっても、摘出手術することができない。
異物挿入なので、多くの国で注意勧告がでている。

さらに新しいTFS手術(Tissue Fixation System)

メリット

TVTの合併症を改善した形。治療効果も同等。

デメリット

健康保険 非対応のため自費となり、高額
永久的な感染症が起きるリスクがある。

妊娠希望の人には、できない
永久固定なので、痛みや感染があっても、摘出手術することができない。
異物挿入なので、多くの国で注意勧告がでている。

手術~手術後【スケジュール】

昔からあるTVT手術(Tension free Vaginal Tape)

外来で腹圧性尿失禁の診断、評価を行った後、手術前に必要な検査を行います。

手術が決定すると、手術日の前日から数日前に入院します。(一つの例です)

手術は、短時間手術当日より摂食、歩行、自排尿が可能です。

 

手術日は、抗生剤などの点滴を行いますが、翌日より内服剤に変更が可能で、また排尿状態を確認して、手術後数日(最短では手術翌日)での退院が可能です。

 

退院後は、手術後7日目に、傷の治癒や排尿状態を確認しますが、以後は、1ヶ月後3ヶ月後と間隔をあけて外来での経過観察を行っていきます。

少し新しいTOT手術 (Trans-Obturator Tape)

この手術による体への負担は、かなり小さく、創も膣壁左右の大腿小さいものが1か所ずつできるだけなので痛みも軽いため、通常は手術翌日歩行・食事は開始でき尿道カテーテルも抜去でき、術後特に問題なければ2~3日で退院できます。

さらに新しいTFS手術(Tissue Fixation System)

TVT手術と同様に、恥骨尿道靭帯を補強できるので、術後の陰部や足の痛みは、全くありません。そしてほぼ100%日帰り手術で行えます。

尿漏れ【手術以外で改善する方法】

レーザー光線治療

TVT手術では治らない人、TVT手術のテープを挿入する余裕のない人におすすめの方法

 

使用するレーザーは、インティマレーザーというもので、外科では普通に使われるものです。

膣からレーザーを当てることで、尿道のまわりの筋肉を育てることが可能です。

このことで、まずは尿道過可動に効果的です。

 

さらに、内尿道括約筋不全にも期待できるのです。これを、Uタイトニングといいます。

このレーザー照射により、粘膜にあたらしい細胞がうまれてきます
これが、膣を引き締めることにつながります。

レーザー光線治療 費用

100,000円+税ほど。

レーザー光線治療 安静期間

およそ3日間です。

 レーザー光線治療 メリット

混合性尿失禁であっても、治療効果が期待できる。
手術後の「治療困難な副作用」がない。

2から4年すると、元にもどるので、次に新しい技術の治療をうけることができる。

 レーザー光線治療 デメリット

短い人で2年、ながく持たせれば4年でもとに戻る。自費のため高額

引用:よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック http://www.uro-gyn.net/jihi/jihi_0001.html

下半身美人骨盤ベルト

下半身美人骨盤ベルト 費用

23,000円+税非常に安価。

下半身美人ベルトのメリット

手術のように合併症失敗または再発というリスクを避けることができる

その他、麻酔不要入院不要検査不要安静期間不要

レーザー光線療法のデメリットである「効果」が短い人で2年、長くて4年ということはなく、骨盤底筋が鍛えられるようになると「根本的な治療」となりうるので、鍛えられれば鍛えられるほど、改善してくる傾向がある。

軽微の尿漏れの場合は、数日で改善してくる可能性が高い

改善しなかった場合は、現時点で返金保証がつけられている。(配送料&振込み手数料のみご負担)

下半身美人ベルトのデメリット

100%治癒するとは限らない。正しい装着位置である必要がある。

下半身美人ベルトについて、詳しくはこちらでご覧頂けます >>>

タイトルとURLをコピーしました