膣からマンゴーは治る?改善する?

膣からマンゴーは治る?改善する?

骨盤臓器脱のことを「膣からマンゴー」と表現したのは、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座 院長 対馬ルリ子先生です。

対馬ルリ子先生
画像引用元:
https://seiritsu.jp/interview/0014/

昔は、「膣からなすび」と言われたりしていました。
なすび

最近では、「膣からピンポン球(だま)といわれていたりもします。
ピンポン球

膣から何が出る?

膣から何がでるか?それは、「子宮」、「膀胱」「直腸」などです。

これらの症状を「骨盤臓器脱(こつばんぞうきだつ)」と呼びますが、実際になった方は、ご自身の股からでているものを見て、「何がでているのかわからない」と言う方がとても多いです。

 

実際に病院で診察を受けて先生にみてもらっても、「子宮」でているのか?「膣」がでてきているのか?「膀胱」がでてきているのか?「直腸」がでてきているのか?

診断されないケースもあるようです。

見た目だけでは、なかなか分かりづらいのですね。

なぜかというと・・・

「何脱」か分からない理由は、膣から「子宮」も「膀胱」も「直腸」もでてくるから

膣から「子宮」「膀胱」「直腸」も、すべてでてくる可能性があるからです。①膀胱脱(膀胱瘤)②直腸脱(直腸瘤)③子宮脱

でてくるのは、同じ「膣の内側」の表面でも、「後ろ側」の直腸側から出てきている場合と、「前側」の膀胱側から膣にでてきているケースがあるのですね。

「膣からマンゴー」を改善する方法

「膣からマンゴー」を改善する方法は、今では5つほどあります。

骨盤底筋体操

お尻の穴」と、「膣」に力を入れて周辺の筋肉を鍛えていきます。

 ペッサリー装着

リングペッサリー種類

リングを装着することで、子宮脱などでてくるのを押さえます。

定期的な診察で清潔に保つ必要があります。

フェミクッション

フェミクッション

子宮脱膀胱瘤など、骨盤臓器脱(性器脱)の医療機器「フェミクッション」というものがあります。

販売店:株式会社 女性医療研究所 http://www.urogyne.jp/

レーザー光線治療

「膣」にレーザーを照てることによって、粘膜にあたらしい細胞がうまれてくることを促します
これによって、膣を引き締めることにつながるという理論です。

効果は、「短くて2年」「長くて4年」ほどのようです。

費用は、自費治療のみ(保険適応外)で、100,000円+税ほど。

下半身美人ベルト(美人ベルト)

下半身美人ベルト

日本骨盤臓器脱研究所(母体は、バランス工房)より推奨しております骨盤ベルト(骨盤バンド)です。

正しい位置で、心地よく数ヶ月間 装着して歩くことで、効果をより発揮します。

骨盤臓器脱を自力で治すための方法としては、多くのみなさまの明るい希望の光になると信じています。

23,000円+税

「効果を感じなければ、返金」という、通常ではありえない返金保証を特別につけています。(現時点)

なぜ、骨盤ベルトで骨盤臓器脱がよくなるのか?や、詳しくについては、こちらよりご覧頂けます。

→  膀胱脱の場合 >>> 、子宮脱の場合 >>> 、 直腸脱の場合 >>>

手術

手術

4つの従来法手術

① (前・後)腟壁 形成術
② 経腟的 子宮 仙棘靱帯(せんきょくじんたい) 固定術
③ マンチェスター手術
④ 膣 閉鎖術(ル・フォール手術)

現在、主流のTVM(ティーブイエム)手術

メッシュを膣内に埋め込む方法です。

最新の腹腔鏡を使ったLSV(エルエスブイ)手術

腹腔鏡を使った最新の手術方法です。日本語では「腹腔鏡下 仙骨 膣 固定術」

LSCとは、Laparoscopic Sacrocolpopexyの略です。

一番の特徴としては、再発率が少ないということです。

また、腹腔鏡を使用するため、手術痕が少なくて済みます。

手術時間は、2.5時間~4時間と比較的長めのため、75歳未満の比較的若い方に勧められる

尿漏れ手術を骨盤臓器脱手術にも適応したTFS(ティーエフエス)手術

TFS手術は、尿失禁用の手術で、骨盤底の動きの重要な支点テープで補強して、臓器の支持とともに、骨盤底のスムーズな動きを回復させる方法です。

日帰り手術で、自費で約30万円ほど。現在のところ健康保険適応外のため自費治療のみ

タイトルとURLをコピーしました