女性特有の便失禁の原因・直腸瘤手術・改善方法

便失禁とは?

「便失禁」とは=「便漏れ」のことです。

それに比べて「尿失禁」のことは、「尿漏れ」と呼びます。

便失禁の原因

便失禁になる原因は、様々ありますが、大きな原因の一つ「骨盤の下側の広がり」による場合があります。

骨盤女性

「恥骨結合」と書かれているところが、「骨盤の下側」です。

骨盤底筋

↑骨盤を「底」からみたときのイラストです。

「骨盤の下側」が広がると、「肛門」の部分が横に引っ張られて便が漏れやすくなるのは、イメージが沸きますでしょうか?

「骨盤の下側」が広がってしまうと、骨盤底筋日常生活の中で力が入りづらくなって、緩んできてしまいます。

すると、さらに骨盤底筋が緩んできてしまう、という悪循環がスタートしてしまいます。

一般的には、「出産」「加齢」が原因といわれることが多いですが、

「出産」している人はあきらめなければいけないのでしょうか?

・「70歳以上」の人はあきらめなければいけないのでしょうか?

そんな事は無いと思います。

便漏れの前に起こりやすいこと

便が漏れる前に、直腸瘤(ちょくちょうりゅう)の症状がでたり、尿漏れも併発しているケースもたくさんあります。

直腸脱(脱肛)

直腸脱とは?

直腸脱とは、どんな病態をいうのでしょうか?

「不完全直腸脱」と、「完全直腸脱」

「お尻から少し奥に入ったところの直腸」が肛門の外側へ脱出する状態です。

脱出した直腸が粘膜のみであれば「不完全」直腸脱全層であれば「完全」直腸脱と呼びます。

直腸が10cm近く、飛び出してくる患者様(「完全」直腸脱)も珍しくありません

では、どうやって改善したらよいのでしょうか?

直腸脱(便失禁)を改善する方法

下半身美人ベルト

下半身美人ベルト「骨盤の下側」を骨盤ベルトなどで、支えてあげて生活することです。

その中で、一つ大切なポイントがあります。

骨盤ベルトをただ「骨盤の下側」に巻くだけでは、「骨盤底筋」は鍛えられないということです。

「骨盤の下側」に巻いた状態で、骨盤の底に力をいれると、骨盤底筋にしっかり力が入りやすくなるのですね。

ですので、巻いて積極的に骨盤底筋体操をできたり、骨盤ベルトを「骨盤の下側」に巻いて歩行ができるということが大事なポイントです。すると、徐々に骨盤底筋が鍛えられるようになってきます。

寝たきり」で歩行が出来ない場合は、効果がそれほど期待できません

直腸脱(便失禁)の手術

麻酔

何科にかかればよい?

「大腸肛門科」や「直腸肛門科」

など、「肛門科」とつく名前の科であれば、間違いないかと思います。

直腸脱(便失禁)手術の種類

腹腔鏡下 直腸脱手術(直腸固定術)

手術もヒポクラテスの時代から、現在まで多くの記録があり、100種類以上の手術法が報告されております。

その中で、現在は、手術法アプローチ法により大きく分けて2種類に分類されています。

お尻側からアプローチする「経会陰手術」と、お腹側からアプローチする「経腹手術」です。

経会陰手術(お尻側からアプローチ)

「経会陰手術」は、お腹を開ける必要がなく、脊椎麻酔(下半身麻酔)で施行される場合が多いため、手術侵襲少ない利点がありますが、再発(手術して一旦収まっていた直腸がまた脱出してくる)やや高い欠点があります

人の名前がついた多くの手術法(欧米ではほとんど行われていないですが、日本では一番ポピュラーガント三輪ティールシュ手術の他、デロルメ手術アルテマイヤー手術など)があります。

経腹手術(お腹側からアプローチ)

「経腹手術」は、全身麻酔が必要で、お腹を開けるため手術侵襲やや大きくなる欠点がありますが、再発ほとんど認めないという大きな利点があります。

多数の手術法がありますが、基本的には脱出した直腸を、お腹の中から剥離し、吊り上げて固定する操作を行います。

直腸脱(便失禁)手術の方法【まとめ】

1,直腸、結腸を単位固定する方法

Kummel法:仙骨前縦靱帯(せんこつぜんじゅうじんたい)に固定

Jeannel法:小腰筋(しょうようきん)に固定

Moore:腹横筋(ふくおうきん)、内腹斜筋(ないふくしゃきん)に固定

2,直腸を剥離、挙上し、周囲に固定し癒着をはかる方法

Bacon法(ベーコン法):小腰筋腱部(しょうようきんけんぶ)に固定

Sudeck法:仙骨岬角(せんこつこうかく)に固定

Pemberton-stalker法:直腸剥離挙上後、骨盤壁(こつばんへき)、骨盤臓器(こつばんぞうき)へ固定し、ダグラス窩(ダクラスカ)の閉鎖も行う。

Orr法:広筋膜片(こうきんまくへん)で、直腸を仙骨へ固定

Riapatein法:teflon mesh(テフロン メッシュ)で固定

Wells法:Ivalon spongeで固定

3,骨盤底の補給をはかる方法

Roscoe-Graham法:恥骨直腸筋(ちこつちょくちょうきん)の縫縮を行い、さらにダグラス窩の閉鎖と、S状結腸 直腸移行部(えすじょうけっちょう ちょくちょう いこうぶ)を仙骨岬部(せんこつ こうぶ)へ固定。

4,逆重積する方法

Devadahar法:重積をおこす部位を逆に重積させ、しわ縫合を併用する。

5,前方切除術による方法

Theuerkanf法:前方切除術を行って固定

6,Douglas窩の閉鎖をはかる方法

Moschcowits法:巾着縫合で、ダグラス窩を閉鎖

7,多数の補給をはかる方法

Dunphy法:会陰式に肛門挙筋を縫縮し開腹して、直腸の剥離ダグラス窩閉鎖腸管切除、固定を行う。

直腸脱(便失禁)手術の費用

通常の国民健康保険および高額療養費制度の対象となります。

いろいろな術式がありますが一つの例として、

術式名:「直腸切除・切断術」(低位前方)(ハルトマン手術)

入院日数:10日

70歳未満・3割:490,000円

70歳以上・1割:57,600円

70歳以上・2割:57,600円

70歳以上・3割:100,000円

入院期間

手術の種類が多くあるため、一概には言えませんが、1週間から10日ほどが、一つの目安となります。

直腸脱(便失禁)手術のメリット・デメリット

メリット

手術が成功した場合、でているものが出なくなることで、直腸脱の違和感異物感でなくなること、日常生活での便漏れ改善されるようになることは、生活の質を向上させることにつながります。

デメリット

出ていた直腸がでなくなることで、違和感、異物感がなくなっても、手術後に痛み引き連れ感などがしばらくの間、残ったりする可能性もあります。

また着の汚れ」「しまりの悪さ」「便の出にくさ」「残便感」などが出る可能性もあります。

直腸脱(便失禁)手術のリスク・後遺症や合併症について

以下、日本大腸肛門病会誌 42:981-986,1989「特集 直腸に起因する排便障害」

治療 1:直腸脱の病態と治療「社会保険中央総合病院 大腸肛門病センター」様より引用させていただいております。

合併症

女性用ナプキン

「腹式術式」合併症として具体的にみられたものとして、イレウス(腸閉塞)腹壁ヘルニア性機能障害などがあります。

「Bacon(ベーコン)変法」(小腰筋腱膜に固定する方法)は、
手術を要するほどのイレウス(腸閉塞)を26例の内の2例、7.7%

「直腸=剥離仙骨前固定法」(直腸の固定を仙骨前にする方法)は、
手術を要するほどのイレウス(腸閉塞)を37例の内1例、2.7%

に認めた。

直腸の固定を仙骨前にする「直腸剥離仙骨前固定法」より、小腰筋腱膜に固定する「Bacon(ベーコン)法」の方が術後腸管走行が不自然であるためか、イレウス(腸閉塞)になる率は高かった。

また成績に現われないまでも術後に、輸液沈腸下剤の投与などの保存的なイレウス(腸閉塞)治療を要した症例もBacon(ベーコン)に多くみられる傾向にあった。

他の合併症としては、

腹壁ヘルニア「直腸剥離仙骨前固定法」の1例、
性機能障害「Bacon(ベーコン)法」の1例、

に認めた。

一方 、Gant(ガント)三輪」+「Thiersch(ティールシュ)法」合併症としてみられたものは、Thiersch(ティールシュ)施行部の感染結紮糸の弛み直腸脱の嵌頓(かんとん)などである。

嵌頓(かん‐とん)とは?= 腸管などの内臓器官が、腹壁の間隙(かんげき)から脱出し、もとに戻らなくなった状態。 嵌頓ヘルニア。

最近、5年間における67症例(再手術4例)の検討からみると、

ThierschК(ティールシュ)施行部の感染は11例、16.4%(11/67例)
結紮糸の弛みは2例、3%
直腸脱の嵌頓(かんとん)を術後11目目に生じた1例

を認めた。

感染を起こした際の結紮糸の材質は

シュロッカー7例、
ナイロン3例、
絹糸1例

であり、

シュロッカー22例中の7例、3.8%
ナイロン29例中の3例、10.3%

感染を起こしていたことになる。

一方、結紮糸の弛みは、2例ともナイロン糸であった。

再発率

直腸脱に対し行ってきた、さまざまな術式の評価を再発率から検討してみる。

まず「会陰式術式」「腹式術式」を比較してみると、当然のことながら

侵襲の大きな腹式術式の方が、平均再発率9.7%と、
会陰式平均再発率30.6%

に比し少なく、成績が良かった

ついで、各術式別に成績を比較してみると、
会陰式ではもっとも良いのが、

Gant(ガント)一三輪法23.8%
直腸粘膜縫縮法26.3%

逆に成績の良くないのは、

Re・hn・Delorme(デロルメ)法 66.7%
肛門挙筋直腸後壁縫縮法 57.1%

であった。

腹式では、Bacon(ベーコン)3.9%ともっとも良い成績であり、
ついで前方切除法 12.5%
直腸剥離仙骨前固定法 13.2%

の順となっていた。

アンケート調査から見た手術の成績

ばら

術後の症状の改善度に対して、はがきによるアンケート調査を行い調べたことがあるが、そのデーターをもとに術式の成績をみる。

1976年から1985年末までの直腸脱手術症例98例を対象とし、術式別に下着が汚れるしまりが悪いなどの症
状が術後に存在するか否かについて調べた(回答率,62/98例,63%)。

「術後も症状がある」と答えたものは、

Gant(ガント)一三輸+Thiersch(ティールシュ) は2/27例、7.4%
直腸剥離仙骨前固定法は、2/21例、9.5%
前方切除術1/6例、16.7%
Rehn-Delorme(デロルメ)2/3例、66.7%
肛門挙筋、直腸後1壁縫縮術4/5例、80%

であった。

また、われわれが昭和60年以降、直腸脱に対する術式の第一選択として行なっている「Gant(ガント)―三輪+Thiersch(ティールシュ)法」の成績をより詳しく調べるために、今回1984年から1988年までの最近5年間の同術式施行患者63名に、はがきによるアンケート調査を行った(1989年5月施行、回答率48/63名,76.2%)。

手術を受けて良かった否かについて質問した後、下着の汚れ肛門のしまり便の出にくさ残便感(排便後、すっきりしない)などの各項目について、術前よりの改善の度合いについて質問した。

「手術をしてよかった」は、わずか8.3%!

高齢者 腰「手術をしてよかった」と答えたものは、解答を得た48例中39例「8.3%」であった。

無回答:例を除き、現在ある愁訴について調べてみると、

下着の汚れについては55.9%(19/34例)
しまりの悪さについては52.9%(18/34例)
便の出にくさ57.9%(22/38例)
残便感55.9%(19/34例)

があると答えていた。

つぎに、術前と比べての改善度について見ると、

下着の汚れでは64.6%(20/31例)が、
絞まりの悪さ52.9%(18/34例)が、
便の出にくさでは45.7%(16/35例)が、
残便感65.2%(15/23例)

改善されたと答えていた。

このように、各症状とも術後にもかなりの頻度で存在し、また想像するほど改善は認められていなかった

※このように手術後の「改善率」や「再発率」について一つの参考のデータとして、まとめらている事は本当に素晴らしいことと思いますし、お医者様の努力に経緯を払うべきと思います。以下の先生方がまとめられています。社会保険中央総合病院大腸肛門病センター 岩垂純一先生 隅越幸男先生 小野力三郎先生 黄田正徳先生 山本清人先生 東光邦先生  吉永栄一先生 小路泰彦先生 奥田哲也先生

直腸脱(便失禁)手術の【まとめ】

術式によって、再発や、合併症がでてしまう確率がかなり変わってくるということが、一つのデータから読み取れると思います。

タイトルとURLをコピーしました